【シャドウバース】アグロ、ミッドレンジ、コントロール等のデッキタイプについて説明してみる

【シャドウバース】アグロ、ミッドレンジ、コントロール等のデッキタイプについて説明してみる

ハースストーンからシャドウバースに入る人にとってはお馴染みのデッキタイプ。
特殊なものを除けばアグロ、ミッドレンジ、コントロールがほとんどですね。
それぞれのデッキタイプの説明を初心者の方に分かりやすく説明していけたらなと思います。

アグロ

アグロはアグレッシブという言葉から来ているそうです。
その名の通り、攻撃的なデッキです。
シャドウバースで言えば急襲ヴァンパイアやフェイスロイヤルが主なアグロ系デッキですね。
とにかく顔面にパンチを叩き込む意識が高いです。
フィールドを処理するというよりも処理させるというイメージがあります。
また、初心者はアグロ系を最初に目指すのが良いかもしれません。
おそらくサービス開始の初期はかなりアグロ系が多くなるでしょう。

アグロデッキはかなり早い段階で決着を付けるためのプレイングをします。
そのため、長引けば長引くほど不利になりやすいという側面を持っています。
短期決着タイプですね。

ミッドレンジ

ミッドレンジは盤面が有利になるよう意識し、後半で一気に勝負を決めるスタイルです。
ハースストーンで言えばスタン落ち前のドルイドのロアコンが印象的でした。
とにかくカードバリューを意識したデッキ構築となります。
強力な除去スペル、強力なフィニッシャー等を駆使して10ターン前後で試合を決めるのが特徴です。

コントロール

アグロ、ミッドレンジと比べてかなり展開が遅いのがこのコントロールデッキです。
基本的に除去を優先するデッキ構築となります。
スペルウィッチ等はコントロール系に入るのかな?
コントロール系のデッキは非常に強力なのですが、1つ難点があります。
必要なカードがレジェンドに偏りやすく、コストが大きいということですね。
逆にアグロは低コストで完成させられるものも多いので、いきなりコントロールを目指すのはやめた方が良いかもしれません。

まとめ

この3種類にほとんどのデッキが分類されると思います。
ハースストーンのようなネタデッキもいずれ開発されていくでしょう。
自分でデッキを完成させたいという人はこの3タイプの特徴を意識していくのが良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ