【シャドウバース】ゴールド以上のカードの個人的評価!『ヴァンパイア編(スペル&フィールドカード)』※4月16日最終更新

【シャドウバース】ゴールド以上のカードの個人的評価!『ヴァンパイア編(スペル&フィールドカード)』※4月16日最終更新

個人的なカード評価を書いていこうと思います。
私はカードゲームをハースストーンくらいしかプレイしたことが無いため、間違った評価をすることがあると思います。
ご了承くださいm(__)m
また、数が非常に多いため、キャラ別+ゴールド以上という形で評価していきます。
評価は★1から★5でしていこうと思います。
※評価が変わることもあります。

ヴァンパイアのキャラクターカード編はこちらです→http://shadowverse.biz/archives/432

ディアボリックドレイン

ディアボリックドレイン

評価:★★★~★★★★

相手のキャラクターに4ダメージ、自プレイヤーに2回復というドレイン系のスペル。
コストは5と重く感じてしまうが、復讐状態ならばコストが-4となる優秀カード。
流行りのアグロヴァンパイアには入らない可能性が高いと思うが、入れられなくはない。
どちらかと言えばドレインデッキになるか?
個人的には優秀なカードの部類だと思う。

黙示録

黙示録

評価:★★★~★★★★

※画像ではバーサク状態となっているが復讐状態のこと

お互いのキャラクター全てに8ダメージというスペル。
また、復讐状態であればコストが-4される。
お互いのキャラクター全てに8ダメージということはどちらのフィールドにもほぼキャラクターは残らない。
復讐状態であればコストは4であるため、このカードをプレイした後にこちらのキャラクターを置くことも出来る。
つまり劣勢を優勢に変えることが可能。
かなりの強さを持っているため、アグロはともかくコントロール系のヴァンパイアデッキなら入れる価値は十分にある。

漆黒の契約

漆黒の契約

評価:★★★

カウントダウン3のフィールドカード。
プレイ時に自プレイヤーのライフを-6する。
しかし、自分のターン開始時にライフを+2&カードを1枚ドロー。
最初にライフを支払うことに目を瞑ればヴァンパイアにとって貴重なドローソース。
無理やり復讐に持っていくのにも役立つ。
ただ、ライフが回復していくこととソウルディーラーの存在があるためあまり使われることはないと思う。
1枚は組み込んでも良いかも…個人的にはそんなカード。
ドレインデッキならありだと思う。

コメントを残す

サブコンテンツ