【シャドウバース】ゴールド以上のカードの個人的評価!『ウィッチ編(スペル)』※4月5日最終更新

【シャドウバース】ゴールド以上のカードの個人的評価!『ウィッチ編(スペル)』※4月5日最終更新

前回がキャラクター編でしたので、今回はスペルのゴールド以上になります。
キャラクターカード編:http://shadowverse.biz/archives/400

評価は★1から★5でしていこうと思います。
私はカードゲームをハースストーンくらいしかプレイしたことが無いため、間違った評価をすることがあると思います。
ご了承くださいm(__)m
※評価が変わることもあります。

ファーストカース

ファーストカース

評価:★★★~★★★★

ファーストカース自体は3コストの単体2ダメージとコストパフォーマンスが非常に悪い。
ただ、使った後にセカンドカースが手に入る。
このセカンドカースは6コストの5ダメージとなる。
また、セカンドカースを使った後にファイナルカースと変化。
ファイナルカースは9コストの8ダメージでここから先は変化無し。
単体で見ればどれもコストパフォーマンスは悪いが、序盤、中盤、終盤とカードを変化させていくことが可能。
もちろんスペルなのですスペルブーストすることも出来る。
スペルウィッチで入れていない人もいるので評価が分かれそうなカード。

ファイアーチェイン

ファイアーチェイン-1

評価:★★★★★

スペルウィッチであれば間違いなく手札に入れるべきカード。
スペルブースト無しなら4コストでランダムな相手キャラクターに1ダメージと最悪。
ただ、スペルブーストする度に1ダメージずつ増えていくので終盤に相手フィールドを更地にすることも可能。
スペルウィッチで相手キャラクター除去するのに大活躍する。
難点を挙げるのであればスペルブーストしなければ弱いということ。
つまり、山の奥底に眠ってしまえば意味の無いカードとなる。
そのため、複数枚所持することが基本か?

冬の女王の気紛れ

冬の女王の気紛れ

評価;★★★~★★★★

お互いのキャラクター全てを1/1のスノーマンにすることが出来る。
相手だけではなく自分のキャラクターも全てスノーマンに変化してしまうため非常に使い所が難しい。
ただ、劣勢を一気に跳ね返すことも可能。
このカードは強いのか弱いのかが激しく論議されたこともあったが1枚デッキに組み込んでも損は無い。
しかし、2枚組み込むかと言われれば躊躇ってしまう。
やはり1枚がベターか?

神秘の獲得

神秘の獲得

評価:★~★★

個人的にはデッキに組み込まない。
さすがに6コスでカード1枚+αドローは重い。
スペルブーストが付いているのは良いが序盤に手に入れてもカードを引きすぎてしまうことになるのでは…
非常に使い方が難しそうなカード。
とりあえず自分ではデッキに組み込んでいないのでこの評価が間違っていることも考えられる。
ただ、使っている人もほとんど見なかったような…

次元の超越

次元の超越

評価:★★★★★

スペルウィッチに必須のカード。
画像は15コストになっているが修正され18コストになった。
初期18コストという重すぎるコストのため、スペルブースト無しには使えない。
ただ、カードの効果は自分のターンをもう一度というぶっ壊れカード。
これのせいでスペルウィッチが最強とまで言われていた。
初期手札でこのカードが配られた場合、マリガンはせずに育てていくべきだと思われる。
このカードを出した瞬間リタイアするプレイヤーは相当数いた印象深いカード。

コメントを残す

サブコンテンツ