【シャドウバース】海外版とのほぼ同時リリースでマッチングも可能になる!?更にどのような課金形式かも語られているぞ!【アプリ】

【シャドウバース】海外版とのほぼ同時リリースでマッチングも可能になる!?更にどのような課金形式かも語られているぞ!【アプリ】

2016年最初のインタビュー記事で、シャドウバースのリリースと海外版とのマッチング、更には課金形式について話がありました。
そのインタビュー記事がこちらです。

海外版とほぼ同時リリース

――:海外版のリリース時期は、日本より遅れるのでしょうか。

いえ、ほぼ同時にリリースを考えています。対戦は日本版ともマッチングできるよう調整しています。

――:物語の中心となるキャラクターはオリジナルだと思いますが、カードは『神撃のバハムート』のみになるのでしょうか。それともオリジナルカードも登場するのですか。

いずれは出していく予定です。リリース時は約400枚のカードを用意していますが、ここでは『神撃のバハムート』のカードが中心となります。

上記で語られているように、日本版のシャドウバースと海外版のシャドウバースでのマッチングが可能の予定です。
海外では日本以上にTCGの人気が凄まじい国もあるため、かなりハイレベルな対戦を楽しむことが出来るでしょう。
これはますます楽しみですね!

課金形式について

――:マネタイズについてはいかがですか。

こちらは従来のTCGと同様に、いわゆるパック購入型を想定しています。あくまでもきちんとしたカードゲームが成り立つように本作を手掛けているため、マネタイズで新しいことをやろうとは全然思っていません。

課金については新しい課金方法を試すようなことはしないようですね。
デジタルTCGというジャンルは非常に珍しいものなのでその辺りは非常に不安でした。
従来のソーシャルゲームとほぼ変わらないと考えても良さそうです。

感想

あまり情報が無かったため、どのようなゲームになるか不安でしたが今回のインタビューでかなり安心しました。
海外のTCGプレイヤーとの対戦や、課金の仕組みについて分かってきたことはモチベーションが上がりますね。

コメントを残す

サブコンテンツ