【シャドウバース】ライフ管理が問われ扱いが難しい『復讐ヴァンパイア』のデッキレシピを紹介!

【シャドウバース】ライフ管理が問われ扱いが難しい『復讐ヴァンパイア』のデッキレシピを紹介!

復讐ヴァンパイアは特にレジェンドが無くても組める無課金デッキの1つと言えるかもしれません。
ただ、フェイスロイヤル等と比べるとゴールド比率は高めとなってしまいます。
しかし、ミッドレンジデッキやコントロールデッキ等に比べると遥かに低予算で組めるデッキです。

ユリアス紹介

デッキレシピ

デッキコードはこちら→デッキコード発行URL

アグロ系でありながらドローソースも充実しているデッキになります。
しかし、ライフ管理が非常にシビアであり、守護持ちがいないというのが難点です。
決して弱いデッキではありませんが、安定しないデッキではあります。
どちらかと言えば上級者向きなデッキと言えるかもしれませんね。

マリガン

復讐ヴァンパイアはアグロ系のデッキです。
そのため、テンポを重視した闘い方が重要視されます。
低コスト帯をキープして初手から動けるようにしていきましょう。

序盤の動き

ブラッドウルフ等を使い自分と相手のライフを削りにいきましょう。
このデッキは復讐状態になってからが強いデッキです。
そのため自分のライフを削りにいくのですが、相手のライフもしっかりと削りにいきましょう。
基本的にはリーダーを狙ってください。
相手に処理させる動きが重要です。

中盤の動き

中盤までいくと復讐状態が発動していることも珍しくありません。
これ以上は相手にライフを削らせないことが重要です。
疾走は仕方ありませんが、疾走以外でライフを削られないようにしていきましょう。
時には盤面の処理も重要になってくる場面です。

終盤の動き

終盤になると相手のライフがかなり下がっているはずです。
逆にここまで来ても相手のライフが10以上であった場合はほぼ負けます。
守護持ちがいても大丈夫な鋭利な一裂き等を使って一気に削りきりましょう。

有利不利について

このデッキは横に並べられるのが非常に厳しいです。
フェイスロイヤルは非常に苦手な部類です。
エルフも少し厳しい組み合わせとなるかもしれません。

逆にカウントダウンビショップやミッドレンジネクロ等の中盤以降には有利となるかもしれません。
ドラゴンもミッドレンジなのですが、現在疾走が組み込まれていることが非常に多いため有利とまではいけません。
しかし、5分の可能性は十分にあります。

コメントを残す

サブコンテンツ